福島県郡山市で、セミオープンシステムを導入し、
安全に出産できる環境を提供する「医療法人 桜井産婦人科医院」

教えて!桜井先生!

桜井産婦人科

月経前症候群

月経前症候群

毎月の排卵後から生理(=月経)開始までの間に限って特有の症状が出現し、月経が始まると不思議と症状が消失するという病気を月経前症候群(PMS: premenstrual syndrome)といいます。
主な症状はイライラして怒りっぽくなり、他人に八つ当たりしやすくなる・集中力がなくなる・涙もろくなるなどの精神症状、頭痛・めまい・むくみ・乳房痛、食欲亢進または減退・吐き気・下痢や便秘などの消化器症状などです。
中でも、精神症状が重症なものを月経前気分不快障害(PMDD: premenstrual dysphoric disorder,)といいます。欧米では、いづれも女性に特有な病気の一つとして社会認知度も高く、多くの女性達が積極的に治療を受けています。
この病気の問題点の一つは、男性社会の中で「病気ということを誰にも理解してもらえない」という点で、とりわけ毎月の精神的症状に独りで苦しんでいる女性は意外と多いのです。
当院では個別カウンセリングを中心とし、その患者さんごとのライフステージに合わせた治療(漢方薬・抗不安薬・セロトニン再取り込み阻害薬・利尿剤・低用量ピル)を行っています。

症状 イライラして怒りっぽくなり、他人に八つ当たりしやすくなる・集中力がなくなる・涙もろくなるなどの精神症状、頭痛・めまい・むくみ・乳房痛、食欲亢進または減退・吐き気・下痢や便秘などの消化器症状など
原因 女性ホルモンのひとつである黄体ホルモン(プロゲステロン)の増減が、体に何らかの作用をして症状を引き起こしていると考えられています。
治療法 個別カウンセリングを中心とし、その患者さんごとのライフステージに合わせた治療(漢方薬・抗不安薬・セロトニン再取り込み阻害薬・利尿剤・低用量ピル)を行っています。
予防法 低量ピルの服用など